公式つむるくんグッズ限定販売中

約3年間のひきこもり生活から埼玉へ飛び出した話【運命の60日間編 第一話】

どうも、ついに3年間の沈黙を破ったつむる(@Tumurucom)です。

突然ですがどういう訳かと申しますと…

 

僕は約3年間関西の山奥で引きこもりニートしてたんですけど、この度なんと埼玉県へ引っ越してきました!

今まで部屋から一歩も出なかった人間が、関西から関東へですよ。

日本から出たことない人間がいきなり火星に移住したくらいの距離感。

 

すごいぞ自分!

偉いぞ自分!

 

こいつなんで急に動き出したの…と僕を呪いの人形のように思ってる方もいるでしょう。

今回は埼玉に引っ越した理由をつらつらと書いていこうかなと思います。

 

なんで引っ越したの?

 

まず引きこもりニート期間が3年に近づきもうそろそろ社会に触れないとやばいなぁと思っていました。

僕の住んでいた地域は超ド級の田舎で町にコンビニはおろかスーパーすらありません。最寄り駅までは徒歩1時間

360度山々に囲まれた秘境に住んでいました。

ほんとご先祖様は一体どんなつもりでここに住んだのでしょうか…

そんな田舎だと強烈な相互の監視社会でどこで働こうにも常に、上司が友達のお父さんだったり近所のおばちゃんが働いてたり親戚がいたりとみんなやんわり顔見知りなんですよね。

意味の分からない村の行事や伝統なんかの同調圧力も強いので、この閉塞的な空間からどこか遠くへ行きたいと思っていました。

ツイッターフレンズのありがたい後押しもあり、勢いで引っ越しちゃえという思いが。

なんで埼玉なの?

別にどこでも良かったんですが、とりあえず関西からは離れたくて、関東に。

 

神奈川はおしゃれなイメージがあるし、千葉はいかついヤンキーがたくさんいそうで、群馬は引っ越した意味なさそうだし、東京は物価が高い。

こりゃ埼玉しかねぇだろ!!って感じで決めました。

あとなんとなく埼玉ってニートとか引きこもりが多い印象(偏見)があるので居心地良さそうだなぁ…と。

車があるので埼玉の田舎の方ですが数百倍都会になりました。知り合いも一人もいないし楽だぁ

タイムリミットは60日間

賃貸は保証人がつけられず収入もないので普通の賃貸だと審査が通りません。

なので前払いのマンスリーマンション(短期賃貸)を契約しました。

それが60日間分です。 この60日間のうちに働いて信用をつけて次の賃貸契約をしないとホームレスになってしまいます。

延長もできるんですが、賃料がなんと倍に…!

上手いことやりやがるぜ、レ〇パレス

退去日はくしくも

そして60日後の退去日はくしくも12月25日 クリスマス 果たしてつむるさんは幸せに過ごしているのでしょうか…

 

んー…寒空の下車内で寝てるかも

 

まぁそれもそれでいいか。

長くなるし今日はここまで、ありがとうございました。

 

続きはこちら

引っ越し当日警察が来た話【運命の60日間編 第二話】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。